結婚式 準備 ブログ【花嫁様やお呼ばれの方必見】

結婚式のブーケの画像

結婚式の小物合わせについて

結論:結婚式の小物合わせが一番重要です【花嫁さまのイメージが決定します!】

 

結婚式の小物合わせっていつ頃にどんなことをするの?結婚式の日取りは決まったけどホテル・式場担当者が決まってないから今何をしたらよいのかわからない。自分自身で今のうちにやった方が良いことなどがあればアドバイスしてほしい。

こうした花嫁さまの疑問に答えます。

 

★本記事の内容

結婚式の小物合わせはいつ?【ドレス、メイク、ブーケ、前撮りなどとの関係性】
【結婚式の小物合わせ以外】花嫁様ご自身で準備しておくもの&準備スケジュール

 

記事を担当するの私はウェディング プランナーを約10年間担当。現在は都内百貨店で30年以上ショップ展開する「ブライダルアクセサリー マリコ」でデザイン・製作を担当。

 

結婚式の進行やドレスのデザイン、ヘアアレンジなどを伺いながら最適なブライダル アクセサリーを提案しています。プランナー、デザイナーの両方の視点で花嫁様に役立つブログで書かせていただいています。

 

>花嫁様の10人に一人が読んでいる「結婚式 準備 ブログ」はこちら

 

プランナー時代によくあったのが「最後の小物合わせでつまづいてしまう問題」です。

 

花嫁さまご自身の準備こそが結婚式のほとんどすべてを決定します。最終フィッティングの小物合わせで迷ってしまうとコンセプト自体が崩れてしまうこともよくあることです。

 

この記事では素敵な結婚式を実現するために結婚式の小物合わせやその他の準備など、気を付けるポイントなどを紹介します。

【この記事は2020年1月23日に書かれたものです】

結婚式の小物合わせはいつ?
【ドレス、メイク、ブーケ、前撮りなどとの関係性】

★結婚式の小物合わせとは?

ブライダルアクセサリーセット14333

花嫁さまの小物を決める最終打ち合わせです。これが一番重要です!

具体的にはベール、ブーケ、ヘッドドレス、グローブ、シューズ、アクセサリーなどをドレスショップの担当者と一緒に検討する最終フィッティングです。

★結婚式の小物合わせでやること

結婚式の小物合わせでは以下のようなことを打ち合わせします。

・ウェディング ドレスのサイズ調整(しない場合もあり)
・結婚式の小物の決定(ドレスショップ内にあるものはその中のアイテムで検討)
・持ち込む場合の日時や段取りを(いつだれが持ち込むのかなど)確認
・必要な小物で決まっていないものを花嫁さまにお伝えする

このようにして結婚式の小物合わせを衣装室で行い、花嫁さまのイメージをより具体的にする作業が結婚式の小物合わせです。

 

例えば挙式をしてから披露宴入場という進行の場合。結婚式でベールとティアラをつけ、披露宴前にベールを外してティアラからヘアード(花飾り)にチェンジして披露宴入場する場合。

 

このケースで必要な小物
挙式の時 ベールとティアラ
披露宴入場時 ヘアード(花飾り)

 

こんなイメージで結婚式の進行に合わせて小物合わせが決まると披露宴のイメージもしっかり固まりますよね?

 

これが結婚式の小物合わせが重要な理由です。

 

★結婚式の小物合わせはいつするの?(小物合わせまでにすべきこと)

ブライダルアクセサリーセットNo.119-1726

挙式の2カ月前から1カ月前に実施します。花嫁さま・披露宴のイメージが具体的に決まります!

 

前項で紹介したように、小物合わせが決まることで、披露宴のイメージはぐんとリアルになってきます。でも披露宴のイメージがないと小物合わせは決まらない状態になってしまします。

 

例えば挙式の時にヘアード(花飾り)にするのか、ティアラにするのか迷っている場合はヘアードとセットで検討した方がよいブーケなど花関係が決まらない。なんてこともあります。

 

ホテル・式場の担当者は演出のプロですから、進行・演出を相談したうえで結婚式の小物を合わせて考えておくことが重要です。

 

★結婚式の小物合わせまでに最低限すべきこと3つ

・ドレス自体はもちろん、ドレスを何点着るのかも決めておく
・挙式・披露宴入場・色直しのシーン別で花嫁さまのイメージを考える
・シーン別で髪型、ブーケ、ヘアアクセサリーなどを検討する

 

一番のポイントは挙式、披露宴入場、色直しの各シーンで花嫁さまのイメージを考えておく必要がある、ということです。

 

ウェディングドレスしか着ない花嫁さまも披露宴中は中座しますので、そのタイミングで髪型を変えたりすることもあります。

 

また披露宴での色直しでドレスやヘアメイクはチェンジするけどヘアアクセサリーはそのままご使用になる、ということも。

 

どのシーンで何を使うのか、結婚式の小物合わせまでにある程度決めたうえで打ち合わせされるとイメージがリアルになりおすすめです。

 

★結婚式の小物合わせでつまづくポイントと解決方法を紹介します。

当たり前のことですが、

「ドレスショップの担当者はドレス担当なので、ブーケやヘッドドレス、アクセサリーに関してはプロではないんです!」

もちろん多くの花嫁さまを担当するドレスショップのスタッフの方はコーディネート力にも優れていて、すばらしい提案をしてくれると思います。

 

でも、ドレスショップにあるものからまず提案するはずです。

 

ヘアードならブーケとのバランスを、ティアラならネックレスやイヤリングとのバランスをそれぞれのプロに相談した方が当然良いですよね。

 

なのでご自分でイメージをある程度固めたうえで、個々の専門家に相談し、その上で小物合わせに臨まないとなりません。つまづきの原因はそこにあります。

つまづくポイント:小物合わせは衣装担当者だからといって小物すべての担当ではありません。

 

スワロフスキーを使ったウェディング ティアラ:かわいい ハートデザイン:レースモチーフ:品番№87

 

ティアラやヘッドドレス、ネックレスなどのアクセサリー専門の担当者はホテル・式場にはいません!

 

花嫁さまの全体のイメージをドレスショップの担当者と相談しながら、個々のプロと詳細を詰めていき、小物合わせの際にドレスショップ担当者に伝えるのがベストです。

 

特にブライダル アクセサリーの専門の担当者はホテル・式場にはおりませんので、ネックレスやイヤリングをつける予定があれば、ドレスショップのものも含めて信頼できるプロのブライダル アクセサリーショップでアドバイスを受けるのもおすすめです。

 

スワロフスキーを使ったブライダル ネックレス:かわいい レースデザインでシンプルなモチーフ:品番№103S

 

>結婚式で使用するブライダル アクセサリーとはこんなものです。

 

例えば挙式から披露宴でベール外すのでヘアチェンジするけど全体的にあまりお金をかけたくない場合

 

挙式ではリボンカチューシャをヘアアクセサリーとして使い、ヘアチェンジ後にはブライダルネックレスとして利用。といったような提案も可能です。

スワロフスキーを使ったウェディング リボン カチューシャ パール:レース デザインでかわいいモチーフ:品番№226A

結婚式の進行やドレスのデザイン、コンセプトを伝えたうえでブライダルアクセサリーの相談をするのがおすすめです。

 

>ブライダルアクセサリーの店舗についてはこちら

 

【結婚式の小物合わせ以外】
花嫁さまがご自身でする結婚 準備 スケジュールを紹介

花嫁さまご自身で検討するウェディング ドレス関連の準備スケジュールを以下に紹介します。

結婚式が決まったら花嫁さまご自身のことをお早めに検討するのがおすすめです。

衣装を何にするのか、何点着るのかで進行も変わってきますし、披露宴をどのような雰囲気にしたいかでウェディングドレスのデザインも変わってきます。

 

お早めに準備ができるよう、花嫁さまご自身の準備スケジュールを紹介します。

 

挙式の6カ月前まで

ウェディング ドレスやカラードレスのご検討

ホテル・式場の提携のドレスショップから、Instagramでチェックしたドレスメーカーなど、お気に入りを見つけたらまずは試着をしに行ってみましょう。人気のあるドレスは早い者勝ち!またお時間に余裕があればじっくりと検討ができるので、早めのご検討がおすすめです。

 

挙式の3カ月前まで

ウェディング ドレスやカラードレスの決定(前撮りをご希望ならその検討も忘れずに)

 

ウェディングドレスやカラードレスは結婚式の一番のメインであるといっても過言ではありません。理由は着るドレスによってコンセプトが明確になったり、ドレスによって披露宴の装飾や進行が決まるからです。

 

具体的には洋装か和装か式のコンセプトがガラッと変わるし、ドレスを何点きるのか、何色のドレスかによってお色直しのタイミングや会場のテーブルクロスの色や卓上花の雰囲気、ブーケなどが決まります。なので花嫁様の身に着けるものを決めることこそ、披露宴を決めるポイントになるのです!

 

挙式の2カ月前から1カ月前まで

スワロフスキーを使ったブライダル ヘアアクセサリーを鏡の前で着用している花嫁

小物合わせ、前撮り(ご希望の方のみ)、ヘアメイクの打ち合わせ

 

ヘッドドレス・グローブ・ベール・ブーケなどの小物合わせと同時に、ドレスのサイズ調整も行う場合もあります。ご予定のドレスの違和感がないか、確認します。

胸まわりのサイズが合わないなど、少しでも気になることはスタッフに伝えましょう。サイズ直しをした後、挙式2~1週間ほど前に最終フィッテングをするところもあります。

また前撮りをする場合のご検討や、ヘアメイクの打ち合わせなどをして当日のイメージをより具体的にしていきます。

 

挙式の1カ月前まで

ブーケの決定(結婚式のテーマや、ドレスの色やデザインなど、結婚式を形作る要素をもとに、フラワーコーディネーターを交えて会場内の装花やブーケ、装飾を考えていきます。)

 

ヘアメイクリハーサルをする場合、前撮りを兼ねてする花嫁さまも多いです。前撮りは平日限定の場合が多いのと人気ドレスの確保が難しいため、日程調整など早めの検討がおすすめです。

 

結婚式の小物合わせが一番重要です まとめ

さて、いかがでしたか?今回は結婚式の小物合わせはいつなのか、また結婚式の小物合わせ以外の、花嫁さまご自身で進める必要がある結婚 準備 スケジュールを紹介させていただきました。

 

結婚式の小物合わせのご検討でお悩みならぜひブライダルアクセサリー マリコの店頭へ!人気のブライダル ティアラやヘッドドレスを多数ご紹介しております。

ブライダルアクセサリー マリコの店舗の詳細はこちら

 

このように結婚式の小物合わせはかなりいろんな要素が混ざり合った重要なポイントです。重要なポイントだからこそ、プロの専門家にそれぞれ相談していくのが良いと思います。

LINEで簡単オーダーができるマリコ1648

ご自分に似合うブライダルアクセサリーわからない方にはアクセサリー診断がおすすめ!

無料で簡単に自分に合うアクセサリーが分かります。

デザイナー、クラフトマン直通で相談可能です。パーソナルアクセサリー診断ご希望の方は「友だち追加」→「アクセサリー診断と入力してトーク開始」してください。

空き時間にLINEでできる、かんたん便利なサービスです。

LINEで相談してみる

最後までお読みいただきありがとうございます。

それでは素敵なブライダルアクセサリー選びを!

 

ブライダルアクセサリーマリコ

関連記事

  1. スワロフスキーを使ったブライダル ブレスレット いろいろ。ブレスレットも人気のブライダルアクセサリー マリコ
  2. ウェディングドレスを着た花嫁
  3. ブライダルアクセサリー マリコ ウェディングティアラ1529
  4. 結婚式 アクセサリーマナーについての記事1518
  5. スワロフスキーを使ったブライダル アクセサリーのセット。レースモチーフでかわいいデザインのネックレスとウェディング ティアラ No.87
PAGE TOP